FC2ブログ

ひろば

2013 10


演奏会鑑賞記(指揮者のF君投稿)

1

ひろば

どうしても行きたかった旅、トルコ   F.Y

 5月中旬、朝日新聞で募集された今回の旅、どうしても行きたかった旅でしたが、
私たち夫婦だけで決めることができず、
長男夫婦に10日間の夏休みを願い出て、許可をもらい、決行できました。
 1982年~2001年までに14回の海外旅行をしてきましたが、
今回10年ぶりに念願叶った旅になりました。
トルコの歴史、遺跡、世界遺産、などに強い興味があっての旅ではなく、
ただトルコ(カッパドキア)へ行ってみたいといった単純な気持ちからの出発でした。

 行程  

1日目
ソウルで乗り継ぎ、イスタンブールへ、飛行時間11時間。

2日目
イスタンブールから5時間30分バスでトロイへ。
トロイの木馬など遺跡観光。

3日目
バムッカレ・・・トルコ有数の温泉地。段々に連なる真っ白な石灰棚に温泉がわき、足湯を楽しむ。
ホテルには温泉プールもあり、水着を用意。

4日目
世界遺産、バムッカレ観光後、バスで6時間30分、コンヤに到着。

5日目
コンヤ市内観光後、4時間バスでカッドキアに。
待望の洞窟ホテルでの夕食後、ベリーダンスショーにでかけ、ダンスの終わりにはいろいろな国の人たちと輪になって一緒に踊る楽しいひとときを過ごし、ホテルに帰る。

6日目
世界遺産、ギョレメ国立公園とカッパドキア岩窟群観光。
太古の昔、火山の噴火によって長い年月の間に侵食されできた奇岩群。
大地に広がる幻想的な風景にはただ感動。
奇岩に囲まれた町、ユルギュップ。町のはずれにあるキノコ岩は、地元では「妖精の煙突」と呼ばれている。
ホテルを出発後、カッパドキア観光4時間、途中トルコ絨毯工房によりながらアンカラへ。
バスで約5時間、ホテルに到着。

7日目
アンカラ市内観光後、イスタンブールへ。
バス7時間30分、ただひた走る何百キロ走ったか?
イスタンブールのホテルへ着いたときはいささかぐったり。
夕食を済ませ、シャワーを浴び、荷造りを済ませ横になる。

8日目
世界遺産、イスタンブール歴史地区観光約7時間、昼食は日本食、見事完食。
観光後、空港へ。
イスタンブールより空路ソウルへ。約10時間20分機中泊。

9日目
ソウル到着後、乗り継ぎ便出発まで空港で5時間20分過ごす。
20時50分中部国際空港到着後、解散となる。お疲れ様でした。

 本当に思い切って行動にうつしてよかった。
夫婦合わせて150歳、海外旅行もこれが最後かも知れない。
百聞は一見にしかず、トルコのカッパドキア、想像以上に感動した旅でした。

ひろば

Epson_2251_1.jpg

クール・ジョワイエ演奏会

 10月31日(土)はクール・ジョワイエの演奏会。
指揮者の高須道夫先生・高橋寛樹先生を敬愛するコール東海としては何としても聴きに行きたい!
という声が多く,例会を「鑑賞例会」と振り替え,各自が伏見の「しらかわホール」へとかけつけました。

 9月の我がコール東海の演奏会に客演指揮としてお世話になった高須先生が怪我で入院中ということに対して,とても残念な思いでいっぱいです。
 しかも,そのために,前回の演奏会でピアニストとしてお世話になった高橋先生が,お一人で全ステージを指揮されることになった,ということに対しても格別な思いを抱きながら,演奏会を聴かせていただきました。

 そんな思い入れいっぱいで客席に座っている私達ですから,前半の一曲一曲,息を飲む思いで指揮者の後姿にエールを送りながら,ジョワイエさんのやわらかい,ロマンティックな歌声を聴かせていただきました。
 三善晃の 「生きる」…先だっての私達の演奏会で高須先生の指揮で歌った混声の曲作りとはまた,一味も二味もちがった「生きる」でした。第2ステージの「青いうた 白いうた」も素敵でした。(日本語が聞きとれないところがすこーしストレスでしたが・・・)
 
 金のネクタイ・銀のネクタイさて次は・・・? わくわくしながらむかえた次のステージ。何と,ネクタイは「なし」でした

 委嘱作品の作曲者・西村氏がステージに上られてからのアンコール曲はとてもよかったです。
指揮西村氏 伴奏高橋氏というゴージャスな演奏には とても温かさを感じました。
 
 すごくいい気分でホールをあとにすることのできた演奏会でした。

 高橋先生,全ステージ本当にお疲れ様でした。振って 弾いて トークまで
大きな山を越えた気分はいかがですか? いい演奏会でしたね。


 

 
プロフィール

コール東海

Author:コール東海
愛知県東海市を拠点に活動している混声合唱団。
「合唱を通して団員の親睦と交流を深め、平和で健康な音楽を人々の中に歌い広めていく」ことを目的としています。
伝えたい想いを大切に歌い続けています。
1976年発足。

      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる