うたごえ新聞に コール東海演奏会評

           興味深い2つの「生きる」   櫻井ゆかり(作曲家) 

 第10回演奏会のテーマは“生きる”。地元出身の詩人谷川俊太郎氏を迎え,全曲,彼の詩による合唱曲と自身の朗読とトークを交えた楽しいコンサートとなった。合唱を聞く前に語られた詩は,生き物のように感じられ自然に曲へと誘われた。
 
構成はオープニングと3つのステージ。

c0021551_21345783.jpg

 オープニングはコール東海にとっての“団歌”的な歌である外山雄三「生きる」で飾られた。もう一つの「生きる」三善晃で,最後のステージを締めくくった。同じ詩の二つの作品の表現が対照的で,興味深かった。この曲は,今回結成された“谷川俊太郎を歌う合唱団”で歌われ大きなチャレンジとなったが,指揮の高須道夫の指導で,一つの壁を乗り越えた演奏となった。ピアノの兼松千里も見事に応えていた。
 第1ステージは松下耕「信じる」。谷川氏が「信じる」ことの尊さ,素晴らしさを語った詩による作品。
 第2ステージは,松下耕木下牧子林光三善晃による「ことばあそび」。これは谷川氏が日本語の韻のふみ方の面白さを表現した詩による作品。演出は池山奈都子,その表現を分かりやすく楽しくしていた。

c0021551_21381754.jpg

 第3ステージは,他にも,そうそうたる作曲家の作品で,外山雄三「私が歌う理由」「空に小鳥がいなくなった日」武満徹林光編曲) 「死んだ男の残したものは」 池辺晋一郎 「平和」

c0021551_21411524.jpg

 これからも果敢に大曲に挑戦するコール東海が楽しみである。

谷川俊太郎を歌う合唱団クロージングパーティによせて

 団長あいさつ 

 9ヶ月の間でしたが,難曲に取り組み,高須先生の指揮のもと,共に苦労してくださった皆様,
本当にお疲れさまでした。
 お陰で,好評のうちに終わることができましたことは,大きな喜びでありました。
これで散会するには忍びませんが,
お弁当を食べながら,団員の思いや,聴いてくださった方々の感想などで交流しあい,
クロージングパーティとしたいと思います。
本当にありがとうございました。

 副団長・練習指揮者あいさつ 

 昨年12月からの,本当に短い期間でしたが,
『谷川合唱団』の旗の下,指揮の高須先生,伴奏の兼松さんに引っ張られて,
本番のステージまで歌い続けた方,あるいはやむを得ず途中で抜けざるを得なかった方々も含め,
合唱団に関わってくださった様々な方々に支えられて,演奏会は成功を収めることができました。
 私自身も谷川合唱団において,高須先生のスケジュールや体調の事情等の理由から,
未熟ながらも先生の下振りという役割で関わらせて頂いたことで,
余計に,皆さんに支えられたとの認識を強く持ちました。
 今回のこのご縁を大切に,今後もつながりを持ちながら,
そしてまた皆さんと同じステージで一緒に歌う日が来ることを楽しみにしています。
 このたびは本当にありがとうございました。

 その後,谷川俊太郎さんに聞く 

 後日,常滑で,谷川俊太郎さんに会う機会がありました。
先日のコンサート出演のお礼を丁重に申し上げたところ,彼曰く,
「いやー,いいコンサートだったね。
ボクはあまり音楽には素養のない方だけれど※注① とっても楽しかったヨ。
ナンカ※注② とっても皆が生き生きとしていて,「生きる」というタイトルにはピッタリの雰囲気だったネ。
いいコンサートだったヨ,ホント。

注① 音楽の素養について・・・これは絶対にウソ。素養はありすぎるほどある。
ある本には,ウエーベルンの音楽について詳しく書いているし,幼い頃は母親多喜子さんに
クレメンディのピアノを教わっているはず。
何よりも,武満徹が,彼の大の親友であること。素養のないわけはない。
(息子の谷川賢作は音楽家だしね・・・)

注② この「ナンカ」という接続詞は,谷川さんの口癖。トークの中にも数回でてくる。数えてみてください。

そして,最後に付け加えて言っておられた。
「また,ナンカこんな企画があったら,いつでも呼んでくれれば,万障繰り合わせて行くからね」
何と嬉しいお言葉

 高須先生の後日談 

 伝え聞くところによれば,高須先生はことあるごとに,このコンサートを取り上げ,
すごくいい企画だったと話題にしている様子・・・
「あんな素敵なゲストを呼んで,素敵なコンサートができるのは,コール東海だから・・・」

こんな嬉しいお話を耳にすると,高須先生・兼松先生
そして一緒に歌ってくださった谷川合唱団の皆さんには,感謝の気持ちがつのってまいります。
本当にありがとうございました。

演奏会大成功!

演奏会大成功!

ikiru.jpg

会場まで足をお運びくださったみなさん,
演奏会を支えてくださった会館・要員・スタッフのみなさん,
一緒に歌った仲間達。
陰ながら応援してくださったすべての方たちに感謝をこめて。

くわしいご報告はぼちぼちと。

とりあえず medias エリアニュースをごらんください.

913002.jpg

合唱団練習 第15回

本日の練習
指揮:高須  ピアノ:兼松 知多市勤労会館リハーサル室
練習曲:生きる 死んだ男の残したものは 平和 他 



演奏会までの練習予定

9月6日(日)13:30~16:00
        知多市勤労文化会館リハ室
        高須・兼松
9月12日(土)13:30~16:30
        知多市勤労文化会館つつじホール リハーサル
        高須・兼松
9月13日(日)本番
9:00 集合
         9:15~ ゲネプロ
        知多市勤労文化会館つつじホール


 衣装について

男声:白カッター 黒ズボン 黒上着 黒蝶ネクタイ 黒靴
女声:白長袖ブラウス 黒ロングスカート 黒靴

皆さん,準備はOKですか?


12日(土)のリハーサルには,衣装をお持ちください。



お弁当の注文をとります

演奏会当日は午前中からゲネプロです。お弁当の注文承ります!
(会館のレストランに頼みます。お茶がついて750円)
希望される方は「本日のお帰り」までに封筒に名前を書いて750円を入れて,受付のテーブルまでお持ちください。



演奏会のCDは記念にどうぞ

記録用として演奏の録音を業者に頼みます。CDを谷川合唱団の団費で作り,みなさんに記念にお渡しすることにします。お楽しみに♪



打ち上げ会のお知らせ

きっと演奏会は大成功! みんなで乾杯して,谷川さん・高須先生を囲んで,楽しいひと時を過ごしましょう。
9月13日(日)17:00~ 朱紅(しゅこう・中華料理・東海市横須賀町)会費:2,500円
参加&送迎バス利用の確認を取ります。



演奏会まであと一週間

■体調管理をしっかりと
■全曲暗譜が目標です
■もう一声,チケットを頑張って広げましょう!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽活動へ

谷川合唱団ニュース 9月6日(土)

200996
Epson_2255_1.jpg





プロフィール

コール東海

Author:コール東海
愛知県東海市を拠点に活動している混声合唱団。
「合唱を通して団員の親睦と交流を深め、平和で健康な音楽を人々の中に歌い広めていく」ことを目的としています。
伝えたい想いを大切に歌い続けています。
1976年発足。

      

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる